米国の非農業部門雇用者数の結果

⏰この記事は約 2 分で読めます。

11月6日発表の米国10月の失業率、非農業部門雇用者数

 

米国の失業率は5.0%でした。9月の5.1%から低下しました。

驚きの結果だったのが、非農業部門雇用者数は27万1000人増と、9月の修正値13万7000人増から倍増しました。この結果が米ドルの上昇でした 😯 

 

非農業部門雇用者数とは

米国の指標の中で、失業率と並んで最も注目される指標の1つ。事業所調査によって、非農業部門に属する事業所の給与支払い帳簿を基に集計された就業者数。経済政策変更のきっかけとなる事が多い。毎月第1金曜日(夏時間:日本時間午後9時半、冬時間:日本時間午後10時半)発表。

                                 みんなの外貨

 

米ドルのみならず、あらゆる通貨ペアが物凄い変動でした。

今までやってきた中で、ここまで変動したことはなく、ショックを受けました。

変動後の翌日も、通貨は安定せずそこでの取引は、いつものようにはいきませんでした。

 

私の場合、日中取引をすると臆病なのか、少しでも利益が出たり、値が戻ってきたときに早めに決済してしまい、あまり利益が出ません。

また他にもやらなければならないことがあるので、あまり時間は費やすことが出来なくなってきました。

以前に2日くらい、就寝前に指値・逆指値で予約をしておいたら、朝に日中の時の取引より断然利益が出ていました。

忙しい時は、こちらの方が良いのかこれから、しばらく試していきたいと思います。