ConoHa for Windows Serverの選べるテンプレート

⏰この記事は約 3 分で読めます。

24時間安定稼働、初期費用無料、月額1,800円から使える超高速VPSを以前からご紹介しており、今回は選べるテンプレートについて記事を書きます。

※以前の記事はこちら

conoHaから提供している【ConoHa for Windows Server】は、

最新OS Windows Server 2019採用の選べるテンプレートを3種類提供しており、

ご用途に合わせて利用できる選べるテンプレートをご紹介します。

選べるテンプレート

Windows Server

Windows Server Hyper-Vを利用をしたい方やWindows環境での開発、企業の社内システムの構築などにオススメ!

  • Windows Server Hyper-Vを利用したい
  • Active Directoryで社内PCを一括管理
  • Windows環境で開発をしたい

提供OS

  • Windows Server 2019 Datacenter Edition
  • Windows Server 2016 Datacenter Edition

 

Windows Server for Remote Desktop

仮想デスクトップとしてご利用いただく方に、Google Chromeなどの便利なアプリケーションがプリインストールされているので、最適です。

こんな方にオススメ!

  • FXの自動売買をしたい
  • 様々な端末からWindowsを使いたい
  • 短期間だけ実証実験を行いたい

提供OS

  • Windows Server 2019 Datacenter Edition
  • Windows Server 2016 Datacenter Edition

 

Windows Server for Remote Desktop + Office

仮想デスクトップとMicrosoft Officeをご利用いただく方に、Google Chromeなどの便利なアプリケーションとMicrosoft Officeがプリインストールされているので、最適です。

こんな方にオススメ!

  • 外出先で社内PCにアクセスしたい
  • Officeで資料作成したい
  • 災害時に備えてリモート環境を用意したい

提供OS

  • Windows Server 2019 Datacenter Edition
  • Windows Server 2016 Datacenter Edition

 

Windows Server 2019 Datacenter Edition は最新なので、Windows Server 2016 Datacenter Edition よりもおススメです。3つのテンプレートの全てのOSで、二つ同様に含まれているようです。

気になるテンプレートは以下でチェック