情報

海外のIT関連就職で必要な英語力は?

海外でのIT関連就職は待遇が日本より良い? けれど英語力が心配。。

IT関連の業界での勤務経験や、Webエンジニアとしての実務経験は海外就職を行う上で求人も比較的多いです。

企業の競争力を生み出すITエンジニアの社会的地位や報酬が、アメリカや中国、シンガポールなどではIT産業が盛んで、高くなっており、現地の企業にエンジニアとして勤める人も出てきています。

日本よりITが発展しているところで働いた方が良い刺激とキャリアになりますね。

でも技術やマネジメントに自信があるのに、現地の言葉や特に英語に自信がなく踏み切れない方はもったいないです。

産経グループが提供するオンライン英会話Plusではビジネス英語基礎やビジネス英語応用があり自身にあった教材からビジネス英語を学べます。

 

最低限の英語力で日系企業ならOK

日系企業の顧客向けのサービスやITサポート、システム保守などが日系企業の現地法人の場合、メインの仕事になります。
また、語学力不問・日常生活レベルの英語でも、社内の技術者として働く場合も日系の場合は、問題ない所が多いです。

 

外資系は英語力が必須

中には日系企業専門のチーム募集等の場合は、外資系求人でも英語力不問の求人もあるようですが、

顧客への提案、プロジェクトの計画等も全て英語で行われる事が多い為、通常の外資系求人の場合は、ビジネスレベルの流暢な英語力が求められます。

社内でのコミュニケーションは英語で行われる事が多いので、最低限の日常会話レベルの英語ができるに越した事はありません。

産経オンライン英会話Plusの「ビジネス英会話初級」ではビジネスシーンでの挨拶・スモールトークやメールや電話対応などのビジネススキル、社内コミュニケーションのスキルを学ぶことができます。

基本のビジネスフレーズに加えて、「ビジネス英会話初中級」では、交渉・会議・ディスカッション・海外出張で役立つ基本フレーズを学びますのでおススメです。

先進国~発展途上国まで海外求人のある国で、たくさんの募集があり、WEB構築やアドネットワーク構築、基幹システム立ち上げなど幅広く、自分の経験や得意分野にマッチした求人を見つける事が出来れば海外就職のハードルは下がります。

 

技術専門で働きたい方でも、コードは英語で記載されていることが多いですね。
googleのSEOを考えても、英語で記載した方が良いかもしれません。
ワードプレスなど世界共通で使用されているCMSなどを使う場合でも、プラグインなど英語で書かれていることが多いので、
導入や販売する立場であっても、ある程度分からないと面倒な部分はあります。

 

海外から日本の案件を受注する場合の英語力

ITエンジニアはリモートでも働きやすいため、海外に移住し、日本国内からの案件をリモートで請け負うといったスタイルで働く人もいて、現に私はリモートで日本とのやり取りをしています。

外資系とお仕事しなくても、日系企業とリモートでやり取りし、日本に住まなければ年金や所得税など払う必要もないので、
生活費が安価な土地で自由に生活することも可能です。
どの場所で生きようと、英語が話せると生活していけることが多いので、その場合は日常英会話は習得しておくと不自由が減るでしょう。
ビジネス英会話のみならず、日常英会話のコースも産経オンライン英会話Plusにはあります。

初級・初中級・中級・中上級の4つのレベル別に、産経オンライン英会話Plusの日常英会話のテキスト教材は、日常生活や海外旅行などで役立つフレーズを身につけていく内容になっています。

英語力はエンジニアなどの技術力の次の問題になりますが、英語力に自信がないからといい、選択肢がないわけでもなく、英語教材などに頼り、ある程度学びながら、海外就活をすれば早い方法かもしれません。

関連記事

  1. ツイッターの複数アカウントを1つのメールアドレスで

  2. 紙のレシートから電子上のレシートへ

  3. メール業務の”質”と”効率R…

  4. GoogleやMicrosoftの翻訳を超える翻訳ソフトとは

  5. 工場でのお仕事を探すにあたりおススメサイト

  6. 引越し料金まとめて一括比較しよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

情報

SIMフリーにして 格安スマホ のメリットを生かそう

書籍

英会話 をオンラインアプリで子供に上達させる革新的な教育スタイル

楽天 英会話

金融取引

投資の達人講座の評判や口コミを見てみよう

情報

海外のIT関連就職で必要な英語力は?

情報

フリーランスと個人事業主を支えるお金と保険のサービス