安全なインターネットアクセスはVPN

⏰この記事は約 3 分で読めます。

まずVPNとは何かを説明いたします。

VPNとは「Virtual Private Network」の略語であり、日本語訳すと「仮想専用線」という意味です。仮想上で1対1の通信の専用線を利用する通信方式です。利用する目的はセキュリティー上安全な経路を使いデータの盗聴や漏洩を防ぐためにあります。具体例を挙げるならば

  • セキュリティー対策が貧弱な駅等の公共無料Wi-Fiからネットを使うとき
  • 中国といったインターネットの自由がない国から外部にアクセスするとき
  • クレジットカード決済するときに盗聴されることを防ぐため
  • 位置情報を隠して地域制限を隠しているサイトにアクセスするため

このように自分のアクセス元を隠匿してセキュリティー対策に用いられます。

 

Nord VPNについて紹介していきます。Nord VPNの運営元はパナマに存在している会社であり、パナマに本拠地がある海外製のVPN接続サービスです。

 料金プランは以下の画像のように4種類あります。

1か月プランから選べる構成になっており、3年プランだと3か月無料になります。

30日間返金保証があるので、試しに使ってみようということもできそうです。

利用するにあたりセキュリティー能力に加えて回線速度も重要すべき点になります。

試しに使ってみて自分には合わないと思えば解約できるのもメリットと言えますね。

 

決済方法も多彩であり、VISA等のクレジットカードに加えてビットコインにも対応しています。クレジットカードを持っていない人であっても、PayPalにチャージして決済することも可能になりました。この様にキャッシュレス決済には大方対応しています。

 

Nord VPNは画像のようにWindowsやmacOSだけではなくLinux、Android、iOSに対応しているので使う人を選ばない内容になっています。1つのアカウントに6台まで同時にアクセスすることができるので、例えばスマートフォンからPCにログインし直す煩わしさがないです。

 24時間体制でサポート体制も整っています。例えば深夜に接続が上手くいかない等の困ったときにもカスタマーサービス担当者にチャット繋がるようになっています。しかし、残念ながらまだ日本語には対応していないので、問い合わせする際には翻訳ツールを駆使する必要がありそうです。

最後はサーバーのロケーションについてです。VPNサービスを利用する上でどこのサーバーからアクセス選べるのかも重要です。

Nord VPNでは60か国5000台以上のサーバーからアクセスすることができます。

 

この様に世界中のサーバーを使うことができます。自宅で普段使っているプロバイダーによってはP2Pを禁止しているところもあるので、利用するときは重宝しそうです。世界各国のサーバーを利用することができるため、その国でしか見られないサイトを見るのにも役に立ちそうです。

 

まとめ

  • VPNとは仮想専用回線のことを指す
  • 利用プランは4種類あり、3年プランを選ぶとコストパフォーマンスが良い
  • 決済手段はクレカやPayPal等充実している
  • 24時間体制でカスタマーサポートがある
  • 利用できるサーバーは60カ国